FOOMA JAPAN 2019 出展レポート

i-automation

人と機械の新しい協調で
食品製造現場の労働生産性と品質を革新

2019年7月9日(火)~12日(金)、東京ビッグサイトにて、“食”の総合トレードショー「FOOMA JAPAN 2019(2019国際食品工業展)」が開催されました。今回オムロンは、『現場の労働生産性と品質を革新 ーロボットとAI・IoTで人を支援ー 』をコンセプトに、お弁当やお惣菜などの“中食業界の検査・搬送ライン”をイメージした展示を行い、食品製造現場の抱える人手不足、食の安心安全、生産の効率化といった課題に対する、オムロンならではの解決策をご提案いたしました。

人とロボットの協調による人手不足解消

“中食業界の検査・搬送ライン”をイメージしたメイン展示では、お弁当の番重詰め、品種判別、搬送までを行う周回デモンストレーションを行いました。

安全柵なしでも*、人と同じ空間で作業できる協調ロボット TMシリーズでは、1台で番重からお弁当を取り出す作業と詰める作業の切り替えを、場所の移動と合わせて実施。ラフに移動させても、標準搭載のカメラがラインに設置したランドマークを読み取ることで設置個所との位置を自ら認識し、距離を把握すると同時に、作業工程も自動で切り替えます。そのため、簡単かつ短時間での移設・立ち上げが可能となります。
また、段積みされた番重はモバイルロボット LDシリーズで搬送します。2台のモバイルロボットがそれぞれ人や障害物を避けながら自律走行で行き交う、搬送作業の自動化をご覧いただきました。

  • * 安全性を考慮したリスク査定及び対策が必要です
人と同じ空間で安全に作業する協調ロボット TMシリーズ
人や障害物を避けながら自律走行するモバイルロボット LDシリーズ

実際に見て触る、“協調ロボット体験コーナ”

簡単に作業内容をティーチングできる「ダイレクトティーチング」を体感いただける “協調ロボット体験コーナ”では、連日お客様の行列ができ、関心の高さがうかがえました。

協調ロボット体験コーナ

多品種生産における、食の安心安全への追求

食の安心安全を追求する、不良品流出“0”の維持や良品証明、トレーサビリティ向上のためのソリューションをご提案しました。

過酷な現場・多品種生産でも品質リスクを最小化

スマートカメラFHV7シリーズによる品種判別

“中食業界の検査・搬送ライン”における品種判別では、IP67耐水構造のカメラ・コントローラ・照明一体型スマートカメラ FHV7シリーズで品種ラベルを検査。高速処理・高解像度・色変化対応など高機能な検査で、過酷な現場の多品種生産でも品質リスクを最小化します。

市場クレームにも素早く良品を証明

印字検査機とコード検証機によるトレーサビリティの確保

また、昨今食品業界で課題視されている、印字不良による食品事故発生時の回収リスクについて、“印字検査機とコード検証機によるトレーサビリティの確保”を実演いたしました。 検査機を通過する際、ワークの表裏面の印字・コードを読み取り、撮影した画像データを全数保存します。この画像データと前工程の製造プロセスと紐づけることですばやく良品を証明することが可能です。同時に、コードの印字品質の可読性照合もでき、トレーサビリティの構築に組み込める業界規格に準拠した検証機も展示しました。

さらに、昨年反響の大きかった、計量や配合工程での作業ミスを撲滅し、品質トレーサビリティ向上に貢献するQITEC*もご紹介いたしました。

  • * このソリューションは、オムロンフィールドエンジニアリング株式会社による展示です

廃棄ロス削減・設備稼働の見える化で、設備総合効率を向上

設備総合効率の向上へ、“設備稼働監視“と”設備の知能化“を実現する2つのソリューションを展示しました。

設備稼働ロスの見える化で機会損失を削減

設備の稼働データを見える化

“設備稼働監視“では、設備の稼働データを収集・蓄積し、時間帯別で停止の発生状況を見える化するサービスをご紹介。異常発生を設備別、要因別に見える化し、停止要因の分析をご支援することで、機会損失を削減する素早い対策判断に貢献します。

AIによる温度調整で包材廃棄ロスを削減

AI温度調節器を搭載したデモ機を展示

”設備の知能化“では、シール部近くに設置でき、温度を正確に測定できる包装機用温度センサや、業界初*の適応制御技術を搭載した温度調節器をご紹介。安定したシール品質で包装の高速化や包材の薄肉化に対応します。

  • * FA用の汎用温度調節器として、2017年3月現在当社調べ