ページ先頭

共創型現場データ活用サービス

設備の異常予兆監視サービス

お客様と革新をおこす
「共創型現場データ活用サービス」 i-BELT

これまで活用できていなかった現場のあらゆるデータは、生産と品質を守る新たな価値に変わります。

お客様の生産を守る共創パートナーとして

現在、モノづくり現場で多くのお客様が悩まれている、熟練工不足、人件費高騰、製品の多様化・複雑化。
限られた人員で高水準のモノづくりを実現する事が現場のお客様の大きな課題になっています。
オムロンが提供させていただく現場データ活用サービス「i-BELT」のコンセプトは、
現場からデータを収集し得られたデータを分析し、その結果を活用して現場改善まで導くオムロンユニークなサービスです。
FAを知り尽くしたオムロンはお客様とともに、
現場課題に向き合い、生産を守る共創パートナーとしてつながり続けます。

i-BELTサービスフローチャート TOPに戻る

i-BELTが目指すサービス領域

TOPに戻る

価値を提供し続けるサービスステップ

製造現場に精通したエンジニアによる環境構築をワンストップで提供し、
導入後もシステムが最適な状態で稼働することをサポートし続けます。

1st Step導入サービス

事前検証
調査・診断を行い、課題検証、改善可能点などを提示し、
導入スケジューリングを設定します。
システム設計・導入
課題解決のために、独自のノウハウで導き出した
センサの取付位置を提案します。
立上げ支援
初期設定やトレーニングを提案します。
データ収集・見える化・分析
センサデータを見える化ツールで全体俯瞰。
蓄積したデータをオムロン独自のノウハウで分析します。

2nd Step継続サービス順次サービス提供予定

定期報告書サービス*
監視対象の分析報告書をご指定の周期/イベントで提出します。
さらに改善が見込める箇所の洗い出しなどデータ分析も行います。
異常速報通知サービス*
注意が必要な兆候が見受けられた際に、メール等ご指定の
方法で速報をお届けします。
制御進化サービス*
蓄積したデータを活用・分析し、お客様の機器・機構にあわせた
最適な機器制御をサポートします。

* 今後、提供を予定しています。

i-BELTは、オムロン株式会社の登録商標です。
Microsoft、Windows、SQL Server は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
EtherNet/IPはODVAの商標です。
EtherCAT®は、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。
その他、記載されている会社名と製品名などにつきましては、各社の登録商標または商標です。
本サイトで使用している製品写真や図にはイメージ画像が含まれており、実物とは異なる場合があります。
本サイトの記載内容は、改良のため予告なく変更されることがあります。