Page top

共創型現場データ活用サービス

第1弾 設備の異常予兆監視サービス 第2弾 現場課題の見える化・分析サービス

お客様と革新をおこす
「共創型現場データ活用サービス」 i-BELT

これまで活用できていなかった現場のあらゆるデータは、生産と品質を守る新たな価値に変わります。

お客様の生産を守る共創パートナーとして

現在、モノづくり現場で多くのお客様が悩まれている、熟練工不足、人件費高騰、製品の多様化・複雑化。
限られた人員で高水準のモノづくりを実現する事が現場のお客様の大きな課題になっています。
オムロンが提供させていただく現場データ活用サービス「i-BELT」は、
現場からデータを収集し得られたデータを分析し、その結果を活用して現場改善まで導くオムロンユニークなサービスです。

i-BELTサービスフローチャート TOPに戻る

i-BELTが目指すサービス領域

TOPに戻る

価値を提供し続けるサービスステップ

製造現場に精通したエンジニアによる環境構築をワンストップで提供し、
導入後もシステムが最適な状態で稼働することをサポートし続けます。

1st Step課題の見える化・診断サービス

気になるテーマに絞った“スモールスタート”が可能です。

事前提案
お客様の設備環境に合わせた
データ収集・活用プランをご提案いたします。
システム設計・導入
課題解決のために、独自のノウハウで導き出した
センサの取付位置を提案します。
立上げ支援
初期設定やトレーニングにより課題発掘に
必要なノウハウを提供します。
データ収集・見える化
センサデータを見える化ツールで全体俯瞰。
数値やグラフでトレンドを表示します。

2nd Step分析サービス

現場課題に応じた分析サービスを提供します。

生産管理
工程間の製品の流れを追跡し、蓄積されたデータで生産のムリ・ムダ・ムラのある工程を分析特定。
効果・効率的な生産性改善を支援します。
品質保証
個体識別された検査・計測値を統計処理し、品質ばらつきを監視。
4M等のイベントとデータを紐づけることで、ばらつきの原因を分析特定し、
品質・工程能力(Cpk)の改善を支援します。
設備効率
各種センサの波形データを特徴量化し、設備の異常を監視。
いつもと違う状態を分析し、ダウンタイム改善を支援します。
エネルギー
工場施設と生産設備を繋ぐエネルギー監視で、
エネルギーロスの要因特定を支援。後戻りのない効果的な改善を支援します。

3rd Step制御進化サービス 今後サービス提供予定

蓄積したデータを活用・分析し、お客様の機器・機構にあわせた
最適な機器制御をサポートします。