現場データ活用サービス
i-BELT
進化する生産現場を実現する
共創パートナーとして

i-BELTの概要を知る

コンセプト動画
現場データ活用サービス i-BELT

TOPICS

モノづくり現場の共通語をデータにし、
経営課題をデータで語れるモノづくり現場へ進化

IoTやAI・ロボティクス技術の進展でモノづくりの進化が期待されています。しかしその一方で、多様化への対応や労働力確保、さらにはリスクマネジメントなど、工場経営では難しい舵取りが必要になっています。オムロンはi-BELTサービスで誰もがデータで語れる製造現場のDXの実現を支援します。

オムロンユニークなデータ活用サービス

オムロンユニークなデータ活用サービス
注. 生産現場を支える情報システムを高度で例えています。

i-BELTの3つの特長

01

お客様に寄り添う
『共創』サービス

お客様との対話でプロジェクトのゴールを設定し、現場データに基づき、お客様と共に課題解決に取り組みます。

共創による現場革新
02

データに基づき課題を形成

三現主義に基づく知見から生産設備の状態などを俯瞰し、論理的、科学的アプローチで改善余地を定量的に算出します。

サービス概要
03

段階的かつ着実な革新を実行

お客様と共に設定したゴールに向けてシナリオ合意し、段階的アプローチで成果につながる現場革新を支援します。

* 1. 重要業績評価指標
サービスステップ

導入事例

“成果が実感できる”
現場データ活用で現場革新を実現

導入事例
導入事例

i-BELTは、オムロン株式会社の登録商標です。その他、記載されている会社名と製品名などにつきましては、各社の登録商標または商標です。
本サイトで使用している製品写真や図にはイメージ画像が含まれており、実物とは異なる場合があります。本サイトの記載内容は、改良のため予告なく変更されることがあります。