保全革新
ソリューション
新・三現主義による保全革新

動画をみる

保全革新ソリューション

動画をみる

News

2020/04/01
【ダウンロード一覧】に保全革新ソリューション〈Vol.4〉保全ホワイトペーパーを掲載
2020/12/21
【新・三現主義を支える価値】に「簡単リモート監視」を掲載
2020/12/21
【保全ヒント集】に「パワーサプライ/温度調節器周辺機器」を掲載
2020/11/2
【アプリケーション】「食品製造ライン」「半導体製造ライン」を掲載
2020/10/12
保全革新ソリューション サイト公開

見える化から
分析・判定まで、
『新・三現主義』実現へ
一歩先の予知保全を

技術進化やコロナ禍という世界の変化とともに、保全現場においても熟練保全員の人依存・技術依存から脱却し、ビッグデータをAIで分析、クラウドで集約して最適対応する現場変革が急がれています。しかし、コストや技術などの障壁からこうした大規模システムの導入は容易ではありません。そこで、オムロンではこれまでの三現主義の現場思想も重視しながら「現物をデータで監視・分析し、現実をリモートで最適に捉え判定し、適切なタイミングで現場作業をする」新たな三現主義(新・三現主義)を掲げ、現場のコンポーネント機器レベルでの高度な状態監視により、明日から手軽に始められる保全革新ソリューションをご提案します。

必要な時だけ効率的にメンテナンスできる『新・三現主義』

必要な時だけ効率的にメンテナンスできる『新・三現主義』

必要な時だけ効率的にメンテナンスできる『新・三現主義』

必要な時だけ効率的にメンテナンスできる『新・三現主義』

必要な時だけ効率的に
メンテナンスできる『新・三現主義』

必要な時だけ効率的にメンテナンスできる『新・三現主義』

オムロンが提案する保全革新を3分45秒でご紹介します。

製造現場で完結できる
予知保全に向けた状態監視

地上1mで完結できる予知保全に向けた状態監視
地上1mで完結できる予知保全に向けた状態監視
地上1mで完結できる予知保全に向けた状態監視

現在展開されている現場設備のIoT化による予知保全は、センシングされた大量のデータを上位に送って分析判定/ 判別を行うことが一般的ですが、導入にあたっては製造現場に多数センサを配置したり、導入/運用にコストが掛かったり、高度なデータ解析が必要になったりと、導入障壁が高くなるケースがあります。

一方、オムロンの提案する保全革新では、対象機器のデータ収集から見える化、分析、判定/判別までを現場に設置した状態監視機器で実現できるため、導入/運用が簡単です。また、状態監視機器内でデジタル化された計測値や判定/判別結果だけをデータ送信するため、通信負荷も小さく、簡単に誰もが使えるリモート監視保全環境を実現します。