ソリューション

近未来のオートメーションの実現へ、新たなモノづくりの方向性である“人を超える自働化”と“人と機械の高度協調”、
そして2つのモノづくりを支える“デジタルエンジニアリング革新”。
さらにデータ活用でエネルギー制御と融合し進化した生産現場革新をサポートするサービスをご紹介します。

新たな地球視点での現場生産性の最大化

人を超える自働化

人に頼り過ぎていた非定型の作業や業務を、
機器制御、設備、ライン単位で網羅的に自働化し、
地球環境に配慮した現場生産性の最大化を実現します。

人と機械が協調する新たな現場での働き方

人と機械の高度協調

常に人を主役として、機械が人を支援する協調で、
人が可能性を最大発揮し、成長と働きがいを実感できる自働化を実現します。

デジタル三現主義で現場をシームレスに繋ぐ

デジタル
エンジニアリング革新

モノづくり現場があたかも目前にあるかのようにデジタル上で再現。
エンジニアリングチェーンをシームレスに連結し、
生産性向上と人の創造性の最大発揮を両立します。

つくる責任の追求

お客様が保有しているモノづくりの知見と、オムロンが自社工場で実践してきた改善ノウハウを融合させる共創によって、エネルギー効率向上など、生産現場のありたい姿の実現に向けた現場革新に貢献します。

  • 制御
  • 計測
  • 省エネルギー
  • IoT
  • ビッグデータ
現場データ活用サービス「i-BELT」を見る