人と協働しておこなう
荷積み・荷降ろし作業(パレタイザー)の自動化

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」(IIFES2019出展)

搬送出荷省力化・自働化

既存スペースを使った荷積み・荷降ろし作業の自動化

  1. 1.人が行っていた積み下ろし作業を協調ロボットにより代替
  2. 2.作業者の疲労障害抑止に貢献
  3. 3.作業者の接近を感知して安全性と生産性を確保
  4. 4.モバイルロボットとの連携で搬送工程の自動化が可能

オムロンの協調ロボットは、これまで人手に頼っていた荷積み、荷降ろし作業の自動化が可能。RSI(反復運動過多損傷)など、労災につながる疲労障害リスクをなくし、よりよい労働環境を実現します。
こうした作業の自動化においては、積み上げ高さをどう設定するかなどが課題となります。オムロンは標準搭載するカメラ「ビルトインビジョン」とウィザードにより設定できるプログラミングソフト「TMflow」、段積み設定ソフト「パレタイジングオペレータ」の活用により、簡単かつ素早い設定を可能としました。
また人のいない現場では、ロボットは設定された最速のスピードで動作し、生産性を最大化。レーザーセンサーが作業者の接近を感知すると安全なスピードに自動的に移行、さらに人との接触で保護停止するなど、安全にも十分な配慮がなされています。
さらにモバイルロボットとともに使用することで、搬送工程を含めた自動化も実現します。

協調ロボットによるパレタイジング作業の自動化

協調ロボットによるパレタイジング作業の自動化

協調ロボットによるパレタイジングシステムの特長、導入から安全稼働にむけた参考情報をご案内

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

導入事例:株式会社ナム様

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

2台の協調ロボットで組付け作業を自動化し、サイクルタイムの短縮と生産品質の向上を両立

協調ロボット活用による組立工程<br />ねじ締め作業の自動化

協調ロボット活用による組立工程
ねじ締め作業の自動化

ねじ締め作業をロボットで自動化するための機器や構成についての参考資料をご案内いたします。

関連コンテンツ