人と機械が同じ環境で安全に協業生産
協調ロボットによる生産ラインの省力化

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」(IIFES2019/iREX2019出展)

組立省力化・自働化

人と協業する生産ラインでのネジ締めと製品ハンドリングの自動化

  1. 1. 安全柵なし、省スペースでロボットを導入
  2. 2. 単純な繰り返し作業も正確に実行
  3. 3. 1台の協調ロボットが複数のタスクを連続実行

オムロンの協調ロボットは、プログラミングソフト「TMflow」による安全パラメータの設定、セーフティレーザースキャナによる周囲の監視などの機能により、安全柵なしに導入が可能。現在、人が作業している製造現場でも、ラインの変更や移動などの手間なく、省力化を実現します。
動画では、「加工位置への製品供給と取り出し」「ドライバーに持ち替えエアでピックしたネジを指定位置に締め込み」「次工程への製品の送り出し」という一連の作業を1台の協調ロボットが実行します。
これは標準搭載するカメラ「ビルトインビジョン」が、ネジやネジ締め位置を正確に認識することで実現する機能です。またカメラはビスがすべての位置に正しく取り付けられているかの外観検査も行います。
協調ロボットにより長時間の単調な繰り返し動作を代替し、作業の均質化と省人化を同時に達成します。

協調ロボットによる工作機へのワーク投入と取り出し工程の自動化

協調ロボットによる工作機へのワーク投入と取り出し工程の自動化

協調ロボットを使ったマシンテンディングの特長や導入のための参考資料をご案内いたします。

協調ロボット導入までの7つのステップと運用における3つのポイント

協調ロボット導入までの7つのステップと運用における3つのポイント

協調ロボットの導入はどのような流れで進むのか、ステップ・バイ・ステップでご案内します。

金属製品のプレス工程の自動化

導入事例:聖徳ゼロテック株式会社様

金属製品のプレス工程の自動化

協調ロボットを使用し危険で単調な製品セット&完成品取り出し作業を自動化。従業員の身体的負担を軽減しました。

関連コンテンツ