可搬重量250kg、大容量の部品や材料の搬送に最適
LD-250が見出す自動搬送業務の新たな可能性

商品名:モバイルロボット「LD-250」

搬送省力化・自働化

自動搬送モバイルロボット LD-250

  1. 1.従来のLDシリーズより、重く大きいものを運ぶことが可能

    工程の設計、組み替えに自在に対応従来のLDシリーズで実証済みの技術を土台に可搬重量を高め、上部面積も従来の2倍になったため、重いものや、かさの大きいものを運ばせることが可能になりました。

  2. 2.既存のフリート管理をそのまま活用可能

    LD-250はオムロンの既存のフリート管理に簡単につながるため、モバイルロボットの経路設定や交通管理、充電管理などのフリート管理機能がそのまま活用できます。

  3. 3.可搬重量が異なるモバイルロボットも1つのシステムで制御可能

    可搬重量が異なるモバイルロボットを1つのシステムで制御可能にしたFleet Managerをあわせて使用することで、より柔軟で最適な自立搬送を実現します。

自社施工現場の空調性能検査

導入事例:三機工業株式会社様

自社施工現場の空調性能検査

自律走行型の風量測定ロボット[開発中]により空調性能試験工数を従来比75%削減

工程間の搬送をフレキシブルに自動化

導入事例:株式会社明治様

工程間の搬送をフレキシブルに自動化

レイアウトはそのままに3台のロボットが作業者を避けて工程間を搬送。年間経費の削減を実現しました。

自動搬送システムの実現で生産能率向上

導入事例:株式会社センチュリーテクノコア様

自動搬送システムの実現で生産能率向上

リフトに自分で乗ってスーツの自動搬送システムを実現。搬送ロボットの導入により生産能率の向上を実現しました。

関連コンテンツ