工作機への部品供給と取り出し作業の
“マシンテンディング”の自動化

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」

加工省力化・自働化効率化(業務・作業)

工作機や旋盤・プレス加工機等にワークを設置する作業を
協調ロボットで自動化。

  1. 1.協調ロボットが工作機への部品供給と取出しを実行
  2. 2.セーフティレーザスキャナで安全柵なしに稼働可能 *1
  3. 3.TMランドマーク活用で移設しての作業にも柔軟に対応

動画では「工作機内にワークをセット」「スライドドアを閉める」「工作機の起動ボタン押下げ」「加工終了後にスライドドアを開けワーク取り出し」「パレットに整列」という一連の作業を、1台のロボットが連続して行います。
ロボットはセーフティレーザスキャナとの連携で周囲を監視し、作業者が近くにいる場合は低速の「協調モード」で、いない場合は高速の「非協調モード」で稼働し、安全性と生産性を両立します。またロボットとワークとの位置関係は、ロボット標準搭載のカメラが「TMランドマーク」を読み取り設定するため、移設のたびにティーチングをする必要はありません。

*1. 協調ロボットを使用する場合にも、リスクアセスメントの実施は必要となります。
注1.「TMシリーズ」の本体の保護機構はIP54です。液体、粉体が付着する環境での使用にはロボット用ジャケットが必要となります。切削油の飛沫、オイルミストがある環境下での使用については、ロボット用ジャケットお取り扱いメーカー様に油成分をご提示いただきご相談ください。保護機構については「共通の注意事項 保護機構について(全商品共通)」をご確認ください。

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

導入事例:株式会社ナム様

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

2台の協調ロボットで組付け作業を自動化し、サイクルタイムの短縮と生産品質の向上を両立

協調ロボット活用による組立工程<br />ねじ締め作業の自動化

協調ロボット活用による組立工程
ねじ締め作業の自動化

ねじ締め作業をロボットで自動化するための機器や構成についての参考資料をご案内いたします。

ロボット投入製本システム

導入事例:株式会社ホリゾン様

ロボット投入製本システム

製本機へのワーク投入工程を自動化し、オペレータ1名を専従作業から解放

関連コンテンツ