標準搭載のカメラがネジの位置を正確に認識、
ネジ締め工程の品質を均一化

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」

組立省力化・自働化

協調ロボットによるネジ締め作業の自動化

  1. 1.ロボットによりネジ締め作業を自動化
  2. 2.内蔵カメラがネジやワークの位置を自動検出
  3. 3.人が混在する製造ラインにも設置可能

人によるネジ締めは、集中力の低下による締め込みのばらつきや、締め忘れなどのミスにより、品質の低下が生まれやすい作業工程です。
オムロンの協調ロボットは、標準搭載する高機能カメラ「ビルトインビジョン」が検出する情報をもとに取り付けるネジの位置を認識してネジ締め作業と作業後の外観検査を実行。省人化と品質の均一化を実現、さらにはケガなど労災防止にも寄与します。
また人が混在する製造ラインでも安全柵なしに使うことができるため、現在人が作業している現場にもスムーズに導入できます。移設、追加投入時の設定も短時間かつ容易で、生産数や作業人員の増減に合わせた柔軟な対応が可能です。

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

導入事例:株式会社ナム様

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

2台の協調ロボットで組付け作業を自動化し、サイクルタイムの短縮と生産品質の向上を両立

協調ロボット活用による組立工程<br />ねじ締め作業の自動化

協調ロボット活用による組立工程
ねじ締め作業の自動化

ねじ締め作業をロボットで自動化するための機器や構成についての参考資料をご案内いたします。

ロボット投入製本システム

導入事例:株式会社ホリゾン様

ロボット投入製本システム

製本機へのワーク投入工程を自動化し、オペレータ1名を専従作業から解放

関連コンテンツ