多品種少量生産の現場で
生産性の向上と投資回収期間の短縮を実現

導入事例:
オムロン上海有限公司

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」

組立省力化・自働化効率化(業務・作業)

オムロン上海有限公司における協調ロボット使用事例

  1. 1.頻繁に作業工程が変わる生産現場にロボットが柔軟に対応
  2. 2.段取り替えごとの再ティーチング不要、稼働率を下げない使い方ができている
  3. 3.Plug&Play対応で多用途に活用し投資回収も12~14か月に短縮できた

中国・上海にあるオムロンの制御機器生産の中核拠点「オムロン上海有限公司」では、2万2000点にもおよぶ多品種少量生産を実現しています。そのコンポーネント組み立て現場で、協調ロボット「TMシリーズ」が活躍しています。
この現場では2〜3人持ちU字ラインを使ったセル生産方式をとっており、ロボットの導入には「人と同じラインで稼働できること」が必須でした。また稼働する工程は数時間ごとに変更されるため、そうした変更への柔軟な対応も不可欠となっていました。
TMシリーズは、標準搭載するカメラが「TMランドマーク」を読み取り、ワークの位置を把握するため、配置換えを行ってもすぐに稼働可能です。またハンド部はPlug&Playに対応し、ハンド部を取り替えることで異なる工程にも導入できます。またプログラミングソフト「TMflow」はフローチャートを作るような感覚で、迅速なプログラミングが可能です。
こうした多用途対応により、ロボットへの投資も短期間で回収。また作業者への負担も減り、ES(従業員満足度)も向上しました。

協調ロボットによる工作機へのワーク投入と取り出し工程の自動化

協調ロボットによる工作機へのワーク投入と取り出し工程の自動化

協調ロボットを使ったマシンテンディングの特長や導入のための参考資料をご案内いたします。

協調ロボット導入までの7つのステップと運用における3つのポイント

協調ロボット導入までの7つのステップと運用における3つのポイント

協調ロボットの導入はどのような流れで進むのか、ステップ・バイ・ステップでご案内します。

金属製品のプレス工程の自動化

導入事例:聖徳ゼロテック株式会社様

金属製品のプレス工程の自動化

協調ロボットを使用し危険で単調な製品セット&完成品取り出し作業を自動化。従業員の身体的負担を軽減しました。

関連コンテンツ