「人手不足」の課題解決
人と協調ロボットが協働する食品検査工程

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」

検査・確認省力化・自働化

協調ロボットが作業者と同じ空間で惣菜容器を番重詰め[FOOMA JAPAN 国際食品工業展2019出展]

  1. 1.人が作業するラインでも設置スペースをとる安全柵なしに稼働
  2. 2.移設の際の再ティーチングなしに複数作業が可能
  3. 3.モバイルワークステーションが移設を容易に

これまで人が作業していた空間にロボットを導入し、人に代わって作業ができれば、大きな手間なく生産性を高めることが可能になります。また1台のロボットが複数の工程に対応できれば、投資効率はさらに高まります。オムロンの「TMシリーズ」は、そうした活用を可能とする協調ロボットです。
動画では、人が検査したあとの惣菜容器を番重に整列させる作業、番重に詰まった検査前の惣菜容器を人が検査するラインに並べる作業を、1台のロボットが場所の移設を受け、行います。移設にあたって正確な位置決めをしなくても、標準搭載のカメラが「TMランドマーク」を読み込み、ワークとの相対位置を自己判断。また同時に認識する2Dコードで、作業内容も理解し、作業を開始します。
ロボット下部のキャスター付き台車「モバイルワークステーション」は、TMシリーズのコントロールボックスを格納しており、ロボットの移設をより容易にします。

ロボット投入製本システム

導入事例:株式会社ホリゾン様

ロボット投入製本システム

製本機へのワーク投入工程を自動化し、オペレータ1名を専従作業から解放

協調ロボットによるねじ締め工程の自動化

導入事例:大手自動車部品メーカ様

協調ロボットによるねじ締め工程の自動化

ビジョンカメラで可動部品上のねじ穴を特定。省人化と高精度なねじ締めを実現しました。

自社のラミネート加工現場で効果を実証

導入事例:大成ラミネーター株式会社様

自社のラミネート加工現場で効果を実証

省人化1名生産性2倍を実現する「協調ロボットラミネーター」を開発

関連コンテンツ