ロボットを活用してソーシャルディスタンスを保った
生産現場への提案

※音声付きでご覧ください

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」、モバイルロボット、産業用ロボット

自働化省人化ソーシャルディスタンス協働組み立てマシンテンディングパレタイジングピック&プレース

withコロナ時代、人とロボットが協働することで
生産現場の「3密」を防止

  1. 1.協調ロボット、モバイルロボットを使って人と協働
  2. 2.ロボットの設置・設定が楽なので、生産量・人の変動にも柔軟に対応
  3. 3.安全柵が不要で、狭いスペースにも設置可能

withコロナ時代においても生産現場の3密を防ぎながら、生産量に応じて協調ロボットを増設・削減することで人手不足にも対応し、生産性を確保できるラインの実現が可能です。
更に、モバイルロボットを活用することで、コンベアを削減し、レイアウトが容易に変更できる生産ラインのご提案が可能です。
Withコロナ時代に向けて、人とロボットが協働することで生産現場の3密を防止しながら、現場の生産性を安定稼働し、事業継続に貢献

ロボット投入製本システム

導入事例:株式会社ホリゾン様

ロボット投入製本システム

製本機へのワーク投入工程を自動化し、オペレータ1名を専従作業から解放

協調ロボットによるねじ締め工程の自動化

導入事例:大手自動車部品メーカ様

協調ロボットによるねじ締め工程の自動化

ビジョンカメラで可動部品上のねじ穴を特定。省人化と高精度なねじ締めを実現しました。

自社のラミネート加工現場で効果を実証

導入事例:大成ラミネーター株式会社様

自社のラミネート加工現場で効果を実証

省人化1名生産性2倍を実現する「協調ロボットラミネーター」を開発

関連コンテンツ