オートメーションでモノづくりを革新

商品名:

省力化・自働化安全化

オムロンが提供するモノづくり革新コンセプト

  1. 1.安全性を確保しつつロボットによる自動化を推進
  2. 2.センサや制御機器も組み合わせ、高度な自動化を実現
  3. 3.導入の障壁をなくしロボットの利用範囲を拡大

「オムロンのロボットによるモノづくり革新」をご案内するプロモーションビデオです。
オムロンはセンシングと安全を高度に組み合わせ、人が働く現場、頻繁に変更のある現場にもロボットの導入を可能とします。これはロボットだけでなく、ロボットとともに支える画像センサ、制御コントローラ、情報システム、安全機器まですべてをそろえるオムロンだからこそ、できることです。オムロンの目指すゴール、それは「生産性と柔軟性を両立するモノづくり」です。

ロボット投入製本システム

導入事例:株式会社ホリゾン様

ロボット投入製本システム

製本機へのワーク投入工程を自動化し、オペレータ1名を専従作業から解放

協調ロボットによるねじ締め工程の自動化

導入事例:大手自動車部品メーカ様

協調ロボットによるねじ締め工程の自動化

ビジョンカメラで可動部品上のねじ穴を特定。省人化と高精度なねじ締めを実現しました。

自社のラミネート加工現場で効果を実証

導入事例:大成ラミネーター株式会社様

自社のラミネート加工現場で効果を実証

省人化1名生産性2倍を実現する「協調ロボットラミネーター」を開発

関連コンテンツ