革新的デザインで“人と機械の新しい協調”を可能に

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」

組立省力化・自働化

協調ロボット「TMシリーズ」のご案内

  1. 1.カメラを標準搭載、さまざまな活用が可能
  2. 2.「Plug&Play」により設定を簡略化
  3. 3.人と機械の協調を可能にする安全設計

オムロンの「TMシリーズ」は、カメラを標準搭載(ビルトインビジョン)する協調ロボットです。カメラは文字通りロボットの“目”として働き、ワークの認識、ディスプレイに表示された色の判別など、さまざまな活用が可能。さらに「TMランドマーク」を読み取ってのワークとロボットとの位置関係の自動補正や、2Dコードを読み取っての作業工程の認識なども行います。
プログラミングソフト「TMflow」は、「Plug&Play」により、高度なプログラムの知識がなくともロボットの動作設定が可能。また安全パラメータの設定も容易で、人とロボットが、安全柵なしに同じラインで働くことを可能としています。

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

導入事例:株式会社ナム様

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

2台の協調ロボットで組付け作業を自動化し、サイクルタイムの短縮と生産品質の向上を両立

協調ロボット活用による組立工程<br />ねじ締め作業の自動化

協調ロボット活用による組立工程
ねじ締め作業の自動化

ねじ締め作業をロボットで自動化するための機器や構成についての参考資料をご案内いたします。

ロボット投入製本システム

導入事例:株式会社ホリゾン様

ロボット投入製本システム

製本機へのワーク投入工程を自動化し、オペレータ1名を専従作業から解放

関連コンテンツ