本文

セーフティソリューション

  • パフォーマンスレベル(ISO 13849-1)
  •  

PFHD(Probability of Dangerous Failure per Hour)

PFHDとは

PFHDとは、ある機器が1時間当たりに危険な故障を起こす回数、つまり危険側故障の確率を意味する数字で、機能安全の規格であるIEC 62061などで定義されています。

PFHDは、「サブシステムとは」でも述べたように、独立したサブシステムに対して与えられる値です。また、安全関連部全体のPL評価にも用いられます。

安全関連部のPLは、それを構成するすべてのサブシステムのPFHDの総和で求められます。このPFHDを用いたPL評価手法はISO 13849-1をガイドする技術文書ISO/TR 23849等でもとりあげられています。

PFHDへの変換

PFHDはカテゴリ、MTTFD、DCavgの組合せにより求められます。PFHDへの変換には、カテゴリ、MTTFD、DCavgとPLとの関係を示したISO 13849-1 附属書K 表K.1を使うことができます。PFHDは非常に小さな数字のため、指数部と仮数部の組合せで表されています。

ISO 13849-1:2015 附属書K 表K.1における各パラメータとPFHDおよびPLの関係

ISO 13849-1:2015 附属書K 表K.1における各パラメータとPFHDおよびPLの関係