安全入力機器
セーフティスイッチ

安全入力機器の中でも、インターロックや非常停止、モード切り替えなど様々な用途に用いられるのがセーフティスイッチです。
直接開路動作と呼ばれる機構により、接点溶着時にも安全側に働くように設計されています。

セーフティスイッチの構造

直接開路動作機構

接点溶着を起こしても、アクチュエータを動作させることにより接点の開離ができる機構を指します。IEC 60947-5-1では、Direct Opening actionと記載されています。

  • 溶着発生

    ①溶着発生

  • 引きはがし中

    ②引きはがし中

  • 引きはがし完了

    ③引きはがし完了

引きはがし完了後は、接点部に加わる力10N(接点溶着力に相当)に対して、規定された操作力(DOF相当)またはストローク(DOT相当)を加えたとき、接点間には規定のインパルス耐電圧(IEC 60947-5-1)をクリアできる絶縁性能を有しています。

セーフティスイッチは、その用途に応じていくつかの種類に分けられます。種類ごとの特徴については以下のページをご覧ください。

関連情報