本文

セーフティソリューション

  • パフォーマンスレベル(ISO 13849-1)
  •  

PLrとPL

PLには、リスクの大きさに応じて安全関連部に求められる性能(PLr)と実際の安全関連部の妥当性を評価した結果(PL)の2種類があります。どちらも “a” から “e” までの5段階で評価します。

  • 安全関連部に要求されるパフォーマンスレベル: PLr(Required Performance Level)
  • 安全関連部の妥当性評価結果: PL(Performance Level)
共通の尺度

安全関連部の妥当性評価結果(PL)は常に要求パフォーマンスレベル(PLr)と同等以上であることが求められます。

PLrの求め方

安全関連部に要求されるパフォーマンスレベル:PLrは、リスクアセスメントによって判断することができます。リスクアセスメント結果により導かれるPLrが安全関連部の設計上の目標性能になります。

PLrはリスクグラフ方式で、怪我の重大性(S)、危険にさらされる頻度(F)、危険を避けうる可能性(P)から評価します。その結果、リスクの大きさに応じてaからeまでの指標に分類されます。

PLr と PL