ページ先頭

本文

セーフティソリューション

パフォーマンスレベル(ISO 13849-1)

パフォーマンスレベルとは、安全関連部全体で実現する安全機能の性能の高さを表す指標です。ここでは、ISO13849-1に基づく、パフォーマンスレベルの考え方とその評価について解説します。

パフォーマンスレベル(PL)とは?

パフォーマンスレベルとは

国際規格ISO 13849-1で規定されたパフォーマンスレベル(PL)の解説と評価手順

続きを読む

リスクアセスメントとPLの関係

リスクアセスメント手順

リスク低減方策と安全関連部のPL

続きを読む

安全機能と危険源の整理

同じ装置に複数の安全機能がある場合

複数の安全機能のPLを整理する考え方

続きを読む

PLr と PL

共通の尺度

パフォーマンスレベルの要求値PLrと妥当性確認結果PL

続きを読む

安全関連部のPLの評価手順

安全関連部のPLの評価手順

安全機能の系統を実現する安全関連部のPL評価の手順

続きを読む

サブシステムとは

サブシステムとは

安全関連部の機能的なかたまり:サブシステム

続きを読む

PL評価のためのパラメータ

PL評価のためのパラメータ

サブシステムのPL評価のパラメータ

続きを読む

安全カテゴリ

各安全カテゴリに適用される指定構造

安全関連部の構造である「安全カテゴリ」の種類と要件

続きを読む

MTTFD (Mean Time to Dangerous Failure)

MTTFdの概念

安全関連部が危険側故障を起こすまでの平均的な時間:MTTFD

続きを読む

DC (Diagnostic Coverage)とDCavg

DCの階層

安全関連部の危険側故障の検出率:DC, DCavg

続きを読む

CCF (Common Cause Failure)

DCの概念

安全関連部の危険側故障につながる共通の原因とその耐性:CCF

続きを読む

PFHD (Probability of Dangerous Failure per Hour)

PFHD (Probability of Dangerous Failure per Hour)

1時間あたりの危険側故障の確率:PFHD

続きを読む

PLの判定

サブシステムの連結

最終的に安全関連部のPLを判定する方法

続きを読む