モバイルロボットにより現場の搬送作業を省いて活人化

商品名:モバイルロボット「LDシリーズ」

搬送省力化・自働化

モバイルロボットは、人と協調しながら、搬送工程における
「人手不足」の課題を解決(FOOMA2019出展)

  1. 1.人や設備にぶつからない進路を自ら選んで走行

    実際の現場においては作業者が運行経路を遮ったり、通路に材料や仕掛品が置かれることもありますが、モバイルロボットは自律的に障害物を回避して目的地まで運ぶことができます。
    作業者の活動と同じエリアで、安全に協調しながら搬送することができます。

  2. 2.製造現場のレイアウト変更に容易に対応

    モバイルロボットを搬送ルートを走行させることで、本体内蔵のレーザスキャナがルートマップを自動生成します。
    走行経路を示すガイドテープの貼り直しなども不要なので、経路変更にともなう作業が大幅に少なくてすみます。

  3. 3.同じ現場での複数台の協調搬送にも対応

    モバイルロボットが複数台稼動する場合も、専用のコントローラ「FleetManager」が最適な搬送経路を指示し、ロボット同士のスムーズな行き交いや受け渡し場所に固まることが無いようにサポート、無駄のない運行管理を行います。

自社施工現場の空調性能検査

導入事例:三機工業株式会社様

自社施工現場の空調性能検査

自律走行型の風量測定ロボット[開発中]により空調性能試験工数を従来比75%削減

工程間の搬送をフレキシブルに自動化

導入事例:株式会社明治様

工程間の搬送をフレキシブルに自動化

レイアウトはそのままに3台のロボットが作業者を避けて工程間を搬送。年間経費の削減を実現しました。

自動搬送システムの実現で生産能率向上

導入事例:株式会社センチュリーテクノコア様

自動搬送システムの実現で生産能率向上

リフトに自分で乗ってスーツの自動搬送システムを実現。搬送ロボットの導入により生産能率の向上を実現しました。

関連コンテンツ