モバイルロボット導入でライン設計の自由度を高め、
生産効率を最大化

商品名:モバイルロボット「LDシリーズ」

搬送省力化・自働化

設備投資を抑制、ラインや工程変更にもスムーズに対応

  1. 1.搬送経路を気にしないライン設計を実現
  2. 2.ロボットが障害物を避け自律走行
  3. 3.ラインや生産計画変更にも柔軟に対応

部品の供給、組み立て、検査、出荷という製造ラインでの搬送にコンベアやAGVを用いる場合、ライン設計の段階で搬送経路もあわせて検討する必要があります。
オムロンのモバイルロボットは、内蔵するレーザスキャナが作成するマップにスタート、ゴールを設定することで、効率のよいルートを選び、自律的に走行。配置した専用機の間で部材や仕掛品を自動搬送します。
また走行中もレーザスキャナを活用し、人や他のロボットにぶつからないよう、減速や停止、回避行動を自動で行います。
ライン変更にも、マップ再構成するだけで対応。柔軟な生産体制をアシストします。

自社施工現場の空調性能検査

導入事例:三機工業株式会社様

自社施工現場の空調性能検査

自律走行型の風量測定ロボット[開発中]により空調性能試験工数を従来比75%削減

工程間の搬送をフレキシブルに自動化

導入事例:株式会社明治様

工程間の搬送をフレキシブルに自動化

レイアウトはそのままに3台のロボットが作業者を避けて工程間を搬送。年間経費の削減を実現しました。

自動搬送システムの実現で生産能率向上

導入事例:株式会社センチュリーテクノコア様

自動搬送システムの実現で生産能率向上

リフトに自分で乗ってスーツの自動搬送システムを実現。搬送ロボットの導入により生産能率の向上を実現しました。

関連コンテンツ