垂直多関節ロボットが
大型部品を正確かつ短時間に外観検査

商品名:垂直多関節ロボットViper

検査・確認品質向上・歩留まり向上

不良部品流出ゼロに、ビジョンシステムによる外観検査

  1. 1.ひとつのステーションであらゆる角度から検査
  2. 2.検査ポイントや項目は短時間で修正可能
  3. 3.高速かつ正確な検査体制を実現

オムロンの垂直多関節ロボットは、6つの動作軸を持ち、滑らかかつ複雑な動きが可能です。この動画では、垂直多関節ロボットにビジョンシステムのカメラを保持し、大型の部品の周囲を回り込むようにスキャンすることで外観検査を行う様子をご覧いただけます。
必要な検査ポイントをロボットにティーチングすると、ロボットはそれぞれのポイントで停止し、視覚認識装置による外観検査を行います。検査が終了すると次の検査ポイントに移動、以降、順次検査と移動をこなしていきます。動画での15ポイントの部品装着状態の確認検査は、わずか6秒で完了します。

産業用ロボットの安全について

産業用ロボットの安全について

ロボットの国際安全規格や安全回路に関する各種説明、安全対策の課題とご提案についてご紹介しています。

内容・目次
産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制や各種届出、法定耐用年数などについてまとめています。

内容・目次
クッキングシート挿入の自動化

組立・組付

導入事例:五洋食品産業株式会社様

クッキングシート挿入の自動化

自由度の高い垂直多関節ロボットと独自のハンドを使い、複雑な動きを再現しました。過酷作業の代替えや支援に貢献します。

関連コンテンツ