Page top

Primary Contents

AnyFeeder(パーツフィーダ) 様々な部品に対応するAnyFeederについてわかりやすく解説します。

オムロンAnyFeederの3つの特長

特長 1 ロボット、カメラを組み合わせたシステムをOne Stopで構築可能

オムロンは、パーツフィーダ(AnyFeeder)、ビジョンシステム、産業用ロボットを提供しており、One Stopでバラ積み部品のバラシ・整列工程のロボットシステムを構築することができます。
更に、ロボット統合ソフトウェアACEを使うことで、バラ積み部品の供給や、部品の整列などの一連の動作を全てOne Softwareで設定することができます。

■対応産業用ロボット■
垂直多関節ロボット、スカラロボット、パラレルロボット
■対応ビジョンシステム■
SmartVision MX
■対応ソフトウェア■
統合ソフトウェアACE
ロボット、カメラを組み合わせたシステムをOne Stopで構築可能

特長 2 様々な部品にフレキシブルに対応

AnyFeederはバラ積み部品を「弾く」「前進」「後退」動作でばらしロボット&ビジョンでピッキングを行います。
一般的なパーツフィーダのように、一定方向に整列する機構を持たないため、部品の詰まりや段取り替え時の機械調整が必要なく、多機能フィーダとして使用可能です。
対象部品は、多品種であっても統合ソフトウェアACEのレシピマネージャに登録することで切替が簡単にできるため、調整工数の削減に貢献します。

様々な部品にフレキシブルに対応

AnyFeederを使った時の、整列工程の動作パターン

①【バラシ工程】
AnyFeederにより「弾く」「前進」「後退」動作で部品をばらす。
②【認識工程】
ビジョンシステムによりピッキングする部品の位置、向きを選別する。裏表面判断も可能。
裏面になっている又はワークが重なっている場合、「弾く」作業で再ばらし。
③【整列工程】
ロボットによりワークを整列。
カメラを追加し、移動中に、ビジョンシステムによる位置の補正を行い、プレイス位置の繰り返し精度を17μmまであげることが可能。

※画像処理分解能、ロボット繰り返し精度によります。
(※AnyFeederは油・水・粉体などのある工程では使用できません)

特長 3 簡単セットアップ、高速段取替え

ロボット統合ソフトウェア(ACE)を使うと、AnyFeeder、産業用ロボット、コンベアラインを使った整列・箱詰め工程であれば、プログラミングを必要とせず、設定だけでシステムを構築することができます。
AnyFeederはソフトウェアACEの使用によりロボット、ビジョンシステムなどの機器を、評価から運転までのすべての段階で工数削減に貢献します。
事前検証、立ち上げ、段取替えのすべての工程の中で、作業効率の向上と各作業工程での工数・コスト削減が実現できます。

簡単セットアップ、高速段取替え

事前検証

  • ソフトウェアACEでAnyFeeder、ビジョンシステム、すべてのロボットを設定。
  • 短時間でシステムを検証可能。
    エミュレーション結果は立ち上げ時に再利用可能。

立ち上げシーン

  • AnyFeederの制御用の命令を用意。
    カメラ、ロボット、コンベアの自動キャリブレーション。
  • ウェザード形式の設定で立上げ・運転が簡単。
    実機動作と同じエミュレーション機能でトラブルシューティングが簡単。

段取替え

レシピ機能を使った段取替えで工数を削減。
トレーニングや操作を簡単にするレシピマネージャ。

お問い合わせ

オムロンのロボットソリューションへのご質問や、製品の導入に関するご相談などお気軽にお寄せください。

お問い合わせ