AnyFeeder(パーツフイーダ)2台と
スカラロボットを組み合わせた多品目の同時整列

商品名:スカラロボット eCobla 800&AnyFeeder

省力化・自働化タクトタイム短縮省スペース多品種対応

生産スペースを広げず多品種の整列を実現、
レシピメニューの活用で仕分け製品が増えた場合も柔軟に対応。

  1. 1.AnyFeederにより複数部品混在での供給に対応
  2. 2.ロボットは部品の種類を認識しピックアップ
  3. 3.2台のフィーダの活用でロボットの待機時間ゼロに

オムロンの産業用ロボット(スカラロボット)は、ロボットビジョンシステムと連動して、フィーダが供給する部品の位置だけでなく、種類や向きも把握してピックアップします。複数の部品を同時に供給するパーツフィーダ「AnyFeeder」を使った効率的なピック&プレースが可能となります。
デモでは、スカラロボットと2台のAnyFeederを組み合わせました。左右のフィーダが供給する3種類と2種類、合計5種類の部品をロボットが正確に見分け、ピックアップして指定の場所に整列させます。フィーダは「前進」「後退」「反転」の動作で部品を動かし、ロボットのピックをサポート。ピックする部品がなくなると、フィーダは供給動作に入りますが、2台のフィーダを組み合わせることで、ロボットの待機時間はゼロとなり、高い生産性に貢献します。
またピッキングの対象となる部品はソフトウェアで登録されているため、部品を変更する場合も「レシピメニュー」の差し替えで即座に対応できます。
AnyFeederはボウル振動型のパーツフィーダとは異なり、部品形状ごとのアタッチメントや発振体などがないため、個別の調整のための時間や部品詰まりなどのトラブルがないことも大きなメリットとなります。

産業用ロボットの安全について

産業用ロボットの安全について

ロボットの国際安全規格や安全回路に関する各種説明、安全対策の課題とご提案についてご紹介しています。

内容・目次
産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制や各種届出、法定耐用年数などについてまとめています。

内容・目次
クッキングシート挿入の自動化

組立・組付

導入事例:五洋食品産業株式会社様

クッキングシート挿入の自動化

自由度の高い垂直多関節ロボットと独自のハンドを使い、複雑な動きを再現しました。過酷作業の代替えや支援に貢献します。

関連コンテンツ