多工法に対応するマルチツール自動組立

商品名:垂直多関節ロボット Viper

組立塗装・仕上省力化・自働化

1台の産業用ロボットがツールを持ち替え複数作業に対応

  1. 1.容易な計画変更と組み立ての自動化を両立
  2. 2.品種段取り替えを高速に実現
  3. 3.専用治具を減らしてコストダウンに貢献

オムロンの産業用ロボットは、ハンド部を自律的に変更することで複数工程に対応、投資を抑えながら少量多品種生産にも対応できます。
動画ではパレットで運ばれてくるパーツを画像センサシステムが認識し、ロボットはその情報に基づきピックアップして指定の位置に配置します。配置終了後、ロボットはアームを変更し、ネジ止め作業を行います。さらにネジ止め作業後は塗布用ツールを用い、ペイント作業を行います。
こうした1台のロボットがさまざまな作業をこなす汎用性で、投資を抑えながら、少量多品種生産に対応します。

産業用ロボットの安全について

産業用ロボットの安全について

ロボットの国際安全規格や安全回路に関する各種説明、安全対策の課題とご提案についてご紹介しています。

内容・目次
産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制や各種届出、法定耐用年数などについてまとめています。

内容・目次
クッキングシート挿入の自動化

組立・組付

導入事例:五洋食品産業株式会社様

クッキングシート挿入の自動化

自由度の高い垂直多関節ロボットと独自のハンドを使い、複雑な動きを再現しました。過酷作業の代替えや支援に貢献します。

関連コンテンツ