人に代わってマグネットを接着
接着剤を充填しながら外観検査を実践する協調ロボット

導入事例:
LITMAT S.p.A.様

商品名:協調ロボット「TMシリーズ」

組立検査省力化・自動化情報化

1500個/日 協調ロボットがドレンプラグの組立品質を担保

  1. 1.手作業と同じままの設備で導入でき、ムラのない作業品質を担保

  2. 2.組立だけでなく外観検査にも対応できるビルトインビジョン

  3. 3.段取り替えを簡単にし、上位システムに現場情報を繋げるデータ活用

イタリアのLITMAT S.p.A.(以下LITMAT社)向けに納入した協調ロボットの導入事例です。
LITMAT社では、8時間のシフトごとに合計1,500個のドレンプラグを生産します。
組立にあたっては、協調ロボットが常にプラグに同じ圧力をかけ、ビルトインビジョンが接着剤の充填量をチェックすることで、高い再現性と品質を担保しています。

システムの導入にあたり、オムロンイタリアのセールスエンジニアは上位の製造実行システムとの接続にPLC(NX102)・HMI(NB7)を用いたモニタリング機能を提案。トラブルの遠隔モニタリングだけでなく、現場のアプリケーションを熟知したLITMAT社のエンジニアと共に多品種対応のレシピ切替・登録機能を盛り込み、ロボットを現場で使いこなせるシステムとして構築しました。

イタリアのトリノに拠点を置くLITMAT社は、自動車業界向けコンポーネントの供給において70年以上の経験を持ち、自動車および油圧、空圧、トランスミッション機器メーカー向けの金属オイルドレンプラグの製造を専門とする、この分野でイタリア最大の自動車部品メーカーです。

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

導入事例:株式会社ナム様

金属及び樹脂クリップの組付け作業を自動化

2台の協調ロボットで組付け作業を自動化し、サイクルタイムの短縮と生産品質の向上を両立

協調ロボット活用による組立工程<br />ねじ締め作業の自動化

協調ロボット活用による組立工程
ねじ締め作業の自動化

ねじ締め作業をロボットで自動化するための機器や構成についての参考資料をご案内いたします。

ロボット投入製本システム

導入事例:株式会社ホリゾン様

ロボット投入製本システム

製本機へのワーク投入工程を自動化し、オペレータ1名を専従作業から解放

関連コンテンツ