Page top

Local Navigation

本文

輸出に関するよくあるご質問

製品の輸出についてのよくあるご質問を、Q&Aで掲載しています。

Q1
オムロン製の非該当品を輸出しますが、製品該非判定見解書は通関資料として有効ですか?
A1
製品該非判定見解書(個別形式)、(一覧表)共に有効です。一覧表ご利用の際には、製品該非判定見解書(一覧表)を全ページ印刷し、対象製品記載箇所をマークされる等をお勧めします。
Q2
該非判定見解書(個別形式)のダウンロードの商品検索で形式検索できない、または該非判定見解書(一覧表)に記載のない制御機器の該非判定見解書が欲しい場合はどうすればいいですか?
A2
当サイトの該非判定見解書個別申込よりご依頼いただければ、該非判定見解書(個別形式)をPDFファイルにてご提供します。なお、モデム、無停電電源等は形式検索できない、または一覧表に記載がありませんが、これは電子機器になりますので、お手数おかけしますが、今一度「電子機器事業本部サイト製品の輸出について」にてご確認お願いします。
電子機器事業本部サイト 製品の輸出について
Q3
該非判定見解書(個別形式)のダウンロードの商品検索で形式検索の結果、該当品一覧に区分されたものの該非判定見解書が欲しい場合はどうすればいいですか?
A3
当サイトの該非判定見解書個別申込よりご依頼いただければ、該非判定見解書(個別形式)をPDFファイルにてご提供します。
Q4
該非判定見解書(個別形式)のダウンロードの輸出情報入力の際に、最終仕向国を選択できない場合はどうすればいいですか?
A4
当サイトの該非判定見解書個別申込よりご依頼をお願いします。
ご依頼の内容を確認しご回答いたします。
Q5
該非判定見解書(一覧表)の形式欄記載は、たとえばMY2、MY4NであってもMY*で良いのですか?
A5
そのとおりです。当社制御機器のほとんどの製品を網羅するため、簡略表記としています。
Q6
該非判定見解書(一覧表)の判定項番とは何ですか?
A6
当社製品を輸出または非居住者に提供する際に許可を要するか否かを判定するのに確認した輸出令別表第1および外為令別表の項番を指します。その項番がない場合、対象外と呼称することもあります。(法令で用語が決まっているわけではありません。)
Q7
輸出する貨物の製品名と、該非判定見解書(一覧表)の製品区分名が異なりますが、問題ありませんか?
A7
該非判定上の観点より包括的な製品区分を表記していますので、貨物の製品名称と異なっても問題ありません。
Q8
該非判定見解書(個別形式)のダウンロードできる形式および該非判定見解書(一覧表)の内容は毎月更新されるのですか?
A8
新商品の追記等により毎月更新を基本としています。
Q9
EAR再輸出規制見解書の見解とは何ですか?
A9
EAR規制に基づき再輸出される場合の許可要否の見解を示しております。なお、再輸出についてNLR(許可不要)のものについては、「EAR Part734 Supplement No.2」の注記に基づきデミニマス計算は行っておりません。
Q10
E1国またはキューバに輸出する場合、再輸出可否を知りたい場合はどのようにしたらいいですか?
A10
当サイトの該非判定見解書等個別申込よりご依頼をお願いします。ご依頼の内容を確認しご回答いたします。
Q11
自社指定の専用帳票に作成して欲しいのですが?
A11
お受けいたします。お手数おかけしますが、当社制御機器販売店経由でご依頼ください。どちらでご購入かはお客様の購買部門にてご確認ください。

各種お問い合わせ

当社制御機器製品の輸出に関するお問い合わせは以下より承ります(I-Webメンバーズにログインしてご利用ください)。受付から通常2営業日以内(土日・祝祭日を除く)にお答えいたします。