本文

セーフティソリューション

  • 安全機器を知る
  •  

安全機器と国際規格

機械を安全にするための安全制御部に使用する機器は、国際規格で認められた安全機器(セーフティコンポーネント)を利用する必要があります。
代表例として以下のようなものがあります。

  • ガード監視/インターロック機器
  • 侵入検知機器(ライトカーテン)
  • 存在検知機器(レーザースキャナ/マットスイッチ)
  • 非常停止機器
  • その他の安全入力機器
  • 安全制御機器(リレーユニット、コントローラ)
  • 出力機器(セーフティリレー、安全機能搭載ドライブ機器)

機械指令での定義

機械指令第2条では、広義の意味で安全機器を下記のように位置付けています。

  1. 安全機能を実行する役目を果たす
  2. 単独で市場に流通する
  3. 故障及び/または誤作動が人の安全を脅かす
  4. 機械が機能するためには不要である、または通常の構成部品でそれらの機能は代用できる。

機械指令での指定品目

具体的には、附属書Ⅴに以下のようなものが安全機器として指定されています。詳細は、機械指令の原文をご確認ください。

  • 人の存在を検出するための保護装置
  • 附属書IV 9 10 11に関連する動力式インターロックガード
  • 安全機能を確実にする論理ユニット
  • 非常停止装置
  • 両手制御装置など