セーフティスイッチその他

おもに人が操作するスイッチで、安全関連部の入力信号として扱われます。

セーフティスイッチその他

キーセレクタスイッチ

機械のメンテナンス、調整、清掃などを行う時に、運転モードからメンテナンスモードに変更し、作業者の安全を確保します。
その際、セーフティコントローラと組み合わせることによって運転モードに合わせた作業者の安全が確保できます。

イネーブルスイッチ

イネーブルスイッチは、柵内などの危険領域において、作業者がメンテナンス等の非定常作業を行う際、作業者に携帯させ、不意の巻き込まれ危険などを防止あるいは低減するために使用する機器です。
作業者が危険領域において、手持ちの操作スイッチにてロボットのティーチング、設備の段取り替え、保守やメンテナンスを行ったときなど、危険源の予期しない動作や作業者の不意の行動により、危険な状態になる可能性があります。そのような状況では、手持ちの操作スイッチを本能的に手から離すか、強く握りこむかは想定がつきません。
そのため、通常のスイッチでは強く握り込んだ時にはOFFにならず、作業者が被災する可能性があります。しかし、イネーブルスイッチは、スイッチ部を軽く押した状態(中間位置まで押されている状態)を保持している間に限り、機器やロボットの手動運転を許可します。対して、スイッチ部を強く握りこんだり(中間位置を過ぎて押された状態)、手を離したりする時(押されていない状態)には機器やロボットなどがOFFになり、運転を停止させることができます。
イネーブルスイッチは、ティーチングペンダントやグリップスイッチなど、主に手持ちの操作機器に組み込まれて使用されます。
セーフティリレーユニットなどで構築される安全回路と組み合わせることにより、安全を確保することができます。

イネーブルスイッチの構造

イネーブルスイッチはOFF-ON-OFFの3ポジションで動作が遷移します。
OFF(押されていない状態)→ON(中間位置まで押されている状態)→OFF(中間位置を過ぎて押された状態)になります。

OFF-ON-OFFの3ポジション

OFF-ON-OFFの3ポジション

関連情報