セーフティレーザスキャナ

セーフティレーザースキャナは、検出区域の形状や大きさを自由に変更することができるという特徴をもったセーフティセンサです。
あらかじめ設定された検出区域内での作業者の存在を検知して機械を停止するために用いられます。

セーフティレーザスキャナ

セーフティレーザースキャナは、下図のようにレーザビームを放射し、周囲の物体に当たって反射、受光するまでの時間により物体までの距離を計算しています。この機能により、検出区域内に近付く作業者が稼働中の機械と接触することを防ぐことが可能です。

拡散反射形能動的光電保護装置(IEC 61496-3)

関連情報