ビジョンシステムとパラレルロボットが連携、
高速で箱詰め

商品名:Quattroシリーズ&SmartVisionMX

包装・パッケージ検査・確認省力化・自働化タクトタイム短縮効率化(業務・作業)

180cpmでの高速ピッキングでさらなる生産性の向上に貢献します

  1. 1.流れてくるワークを画像センサが認識
  2. 2.ワークの位置をロボットに伝達
  3. 3.ロボットは正確にピックして箱詰め

「Quattroシリーズ」は、4本のアームを持ち、180cpm(1分あたりの仕事量)に対応する高速でのピック&プレースが可能な産業用ロボット(パラレルロボット)です。またロボットアプリケーションに最適化された高信頼画像センサシステム「SmartVisionMX」と連携し、カメラが認識したワークの位置を把握することができます。
動画では、コンベア上を流れてくるワークをSmartVisionMXがスキャンし、それぞれの位置をロボットに伝えます。ロボットはその情報をもとに、ワークのひとつひとつを正確にピックアップ、スピーディに箱詰めします。ワークの位置は正確に把握されるため、等間隔でなくても、向きがずれていても、問題なくピック&プレースが可能です。
こうした動作設定はソフトウェアACE(Automation Control Environment)上で開発が可能。ウィザード形式により短時間でロボットとカメラ、コンベアの設定を行い、実稼働に入れます。

*「SmartVisionMX」は20年10月に受注終了しました。代替商品はIPC Apprication Controller(形AC152000)になります。

産業用ロボットの安全について

産業用ロボットの安全について

ロボットの国際安全規格や安全回路に関する各種説明、安全対策の課題とご提案についてご紹介しています。

内容・目次
産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制について

産業用ロボットの法規制や各種届出、法定耐用年数などについてまとめています。

内容・目次
クッキングシート挿入の自動化

組立・組付

導入事例:五洋食品産業株式会社様

クッキングシート挿入の自動化

自由度の高い垂直多関節ロボットと独自のハンドを使い、複雑な動きを再現しました。過酷作業の代替えや支援に貢献します。

関連コンテンツ