本文

セーフティソリューション

  • PL計算ソフト「SISTEMA」
  •  

SISTEMAのデータ構造

SISTEMAのデータ構造
【PR】 プロジェクト 装置全体の安全機能の集合
【SF】 セーフティファンクション 一つの安全機能
【SB】 サブシステム ひとかたまりの小さな安全関連部
【CH】 チャンネル 安全関連部を構成する系統
【BL】 ブロック チャンネルを構成する機能的な部品
【EL】 エレメント ブロック内部の構成部品 

用語解説

SISTEMAは、PLを求めるために、ISO 13849-1で規定されている各種パラメータを扱うために、以下のような階層構造となっています。

  • PR:プロジェクト(Project)
    プロジェクトは、最も上の階層に位置し装置全体に相当します。複数の独立したセーフティファンクション(SF)で構成されます。
  • SF:セーフティファンクション(Safety Function)
    装置のリスク低減するための全ての安全機能(ガードインターロックや非常停止など)がSFです。一つの安全機能ごとに1つのSFを定義します。
    SFは一つ以上のサブシステム(SB)で構成されます。
  • SB:サブシステム(Subsystem)
    安全機能のなかで一定の信号処理をしているかたまりがSBです。SBは一つの部品の場合もあれば、複数の単体部品によってできている場合もあります。
    部品そのものがSBの場合は部品メーカーから提供された値を入力します。
    単体部品を組み合わせる場合は、指定構造(安全カテゴリ)に従ってチャンネル(CH)またはテストチャンネル(TE)でSBを構成します。安全カテゴリを選択した時点でSISTEMAが自動的に入力フォームを切り替えます。
  • CH:チャンネル(Channel)
    SBで安全カテゴリBまたは1が選ばれた場合は1系統、安全カテゴリ2,3,4が選ばれた場合は2系統のチャンネルの入力が可能になります。CHは一つ以上のブロック(BL)で構成されます。
  • TE:テストチャンネル(Test Channel)
    SBで安全カテゴリ2が選ばれた場合のみ入力が可能です。安全カテゴリ2で要求されるチャンネル(CH)の定期的なテストを実行する機器です。
  • BL:ブロック(Block)
    BLはチャンネルを構成する機能的な部品に相当します。
    例えば、センサやスイッチ、リレーユニットやコンタクタなどです。
    BLは1つ以上のエレメント(EL)で構成されます。
  • EL:エレメント(Element)
    ELはブロック内部の構成部品に相当します。
    例えばリミットスイッチに内蔵している接点やアクチュエータなどです。
    B10dやNopは、ELで定義されます。