ISO 14119:2013とISO 13849-1:2006の関係

インターロック機器の一つであるドアスイッチを使った冗長化回路を構築する方法については、これまで1個のドアスイッチの2接点を利用して安全回路を構成することが一般的に行われていました。この使用方法は、ISO 14119:1998とISO 13849-1:1999の規格解釈に基づくものとして広く認知されてきました。
この使用方法を、最新の国際規格であるISO 14119:2013とISO 13849-1:2006の解釈に照らし合わせた時にPLr=dを満足することができるか、という観点で弊社の見解を示します。

詳細内容を記載した文書をダウンロードしていただけます。

I-Web メンバーズ

ISO 14119:2013とISO 13849-1:2006の関係

関連情報