国際規格(ISO、IEC)

機械安全に関する国際規格の構造

電気/電子技術分野の国際標準化を実施するIEC(国際電気標準会議)と電気/電子以外(機械、管理など)を国際標準化を実施するISO(国際標準化機構)において機械安全に関する国際規格が作成されます。欧州は世界のリーダシップをとり、欧州提案の各規格をISO/IEC規格として成立させています。ここで言う規格とは安全の側面に関するものですが、より広範囲な機械をカバーし、個々の特定の目的にもかなう規格とするため、下の図のようにA、B、Cの三階層の規格群に体系化されています。

機械安全に関する国際規格の構造

安全規格の国際的な整合化の加速

従来、世界各国が独自に作成していた安全規格はWTO協定によりISO/IEC国際規格への整合が図られることになりました。WTOの加盟国は自国の安全規格として採択させる義務があります。さらに技術の進歩に伴い国際規格は年々新たな提案や修正が活発に行われており、整合化は全世界で同時進行しています。

安全規格の国際的な整合化の加速

国際規格と機械装置設計

これからの機械装置設計における規格対応は、

①国際規格/業界規格の最新情報を入手して、新規や改訂規格の内容を把握すること

①国際規格/業界規格の最新情報を入手して、新規や改訂規格の内容を把握すること

②EN、ANSI、JISなど関連規格との相違点を把握すること

②EN、ANSI、JISなど関連規格との相違点を把握すること

③相違点を含めたグローバル設計を実施すること

③相違点を含めたグローバル設計を実施すること

関連情報