Page top

Primary Contents

AnyFeeder(パーツフィーダ) 様々な部品に対応するAnyFeederについてわかりやすく解説します。

AnyFeederの動作

  • 1バルクコンテナより部品供給
  • 2「弾く」「前進」「後退」動作により部品をばらす
  • 3ビジョンシステムで部品の位置、向き、表裏、重なりを確認
  • 4ロボットがピック&プレース
  • 5サーフェス上にあるピッキングエリアに部品がない・重なっている・裏になっている場合に、ビジョンシステムから、シリアル通信によってAnyFeederに動作指示が送られ部品供給や「弾く」「前進」「後退」動作を行う。
    (※AnyFeederは油・水・粉体などのある工程では使用できません)
AnyFeederの動作

お問い合わせ

オムロンのロボットソリューションへのご質問や、製品の導入に関するご相談などお気軽にお寄せください。

お問い合わせ