Page top

Primary Contents

協調ロボットの良さ 協調ロボットと人が同じ空間で作業可能になり、様々なメリットが受けられるようになりました。

協調ロボット4つのメリット

メリット 3 人を検知して人を守る

協調ロボットは、協調モードでは低速で動作し、人が触れたり、物に接触した時に、接触力を検知し安全停止します。

そのため、人に接触した場合にも重度の怪我をさせないようにすることが可能です。

さらに、多くの協調ロボットは形状に丸みがあり、当たっても怪我をしにくいデザインになっています。

メリット3 人を検知して人を守る

メリット 4 短時間で立ち上げ可能

プログラミングや設定も簡略化されているため、産業用ロボットよりも、短時間で立ち上げることが可能となります。

注記:ロボットのエンドエフェクタに取り付けるグリッパなどの機器、ワークにより発生する危険に対しては検知できません。協調ロボットをご使用される場合は、周辺機器を含めたリスクアセスメントが必要です。

メリット4 短時間で立ち上げ可能

お問い合わせ

オムロンのロボットソリューションへのご質問や、製品の導入に関するご相談などお気軽にお寄せください。

お問い合わせ