Page top

Primary Contents

協調ロボットとは 幅広い製造業のニーズに応え、生産性を高める“人と協調して働くロボット”について、分かりやすく解説いたします。

人と同じ空間で安全に作業を行える、
”人と協調して働くロボット”

今までの産業用ロボット(スカラロボット・多関節ロボット・
パラレルロボット等)は人の安全を確保するため、
安全柵などで囲い、人とロボットの作業範囲を分ける必要が
ありました。

そのため、産業用ロボットを使うために大きなスペースが
必要となりますが、日本の製造業の多くは、
極力狭いスペースで生産していることが多く、その場合、
産業用ロボットを導入することができないのが現状です。

協調ロボットTMシリーズは作業現場での人の安全を確保するよう設計しています。

人と機械の協調を可能とする安全基準への対応。

しかし、ロボットの小型化、ISO/TS15066による
協働ロボットに関する技術仕様の公開、安全機能の
搭載などにより、人とロボットが共通の作業空間で協調して
作業することが可能になりました。
それにより、日本の狭い工場の中で、大きなスペースを
取ることもなく、人と協調してロボットを使用することが
できるようになりました。

注意:協調ロボットを使用する場合にも、リスクアセスメントの実施は
必要となります。

この度オムロンは、人と機械の新しい協調として“協調ロボット TMシリーズ”を
新発売いたしました。
人と同じ空間で安全に作業を行える協調ロボットでお客様の製造現場の革新に
貢献いたします。

協調ロボット TMシリーズ

協調ロボットTMシリーズ

「フレキシブルなモノづくり」の実現に人と同じ空間で安全に作業を
行える協調ロボット

お問い合わせ

オムロンのロボットソリューションへのご質問や、製品の導入に関するご相談などお気軽にお寄せください。

お問い合わせ