本文

統合プラットフォーム

  • Sysmac Library

ビジュアルフィードバックアライメントライブラリ

マシンオートメーションコントローラ NJ/NXシリーズ、およびNYシリーズ IPCマシンコントローラ用 ビジュアルフィードバックアライメントライブラリ(形SYSMAC-XR018)のご紹介です。

ライブラリのご使用につきましては、当社営業担当者にお問い合わせください。

カメラを使った位置決めで高速性と高精度を両立したい

課題1
機械誤差の影響により位置決めリトライが発生し、位置決め速度が上がらない
課題2
位置決め対象や機械のズレにより突発的な位置決め失敗が発生する
課題3
高精度な画像センサのキャリブレーションが必要で、作業に時間がかかる

「都度計測」の位置決めから、「常時監視」の位置決めへ

本ライブラリを使った位置決めなら、3つの課題を解決できます。

高速高精度

±1μm 精度のアライメント位置決めを1秒以下(平均値)で実行。

高速高精度

ロバスト

たわみのようなワークのばらつきや機械誤差を吸収し、リトライによる速度低下と位置決め失敗を防止。

ロバスト

短時間立上げ

画像センサのキャリブレーション作業は不要。

短時間立上げ

ビジュアルフィードバックの仕組み

一般的に画像処理を用いた位置決めには、カメラで対象物の位置を計測し、その結果を用いてモータを駆動します。
これらの動作の個別実行が前提となっていたため、画像センサには位置計測のための高精度なキャリブレーション、モータには高精度な駆動が求められてきました。
ビジュアルフィードバックはモータの現在位置情報に画像センサの座標データを活用します。画像処理の計測周期ごとに現在位置をモータの動作制御にフィードバックするので、モータの位置とワーク位置のズレを吸収した位置決めができます。

従来方式

従来方式

ビジュアルフィードバック

ビジュアルフィードバック

システム構成例

システム構成例

ライブラリをいますぐ入手
Sysmac Libraryダウンロードページへ

I-Webメンバーに登録して役立つ資料を入手

資料オムロンFAストアでのお得なWeb特別価格での商品のご購入を含めた、便利なサービスをご利用いただけます。

i-Webメンバーズ

↑このマークがついた情報はI-Webメンバー限定です。
ご登録をお願いいたします。

ログイン 初めての方・新規登録