本文

統合プラットフォーム

  • Sysmac Library

RFID通信ライブラリ

マシンオートメーションコントローラ NJ/NX/NYシリーズ用 RFID通信ライブラリ(形SYSMAC-XR019)のご紹介です。

RFIDを使ったトレーサビリティの設備立上げ効率の向上

課題
RFタグのデータ読み出し/書き込みをするために、RFIDユニットとの通信手順を
すべてプログラミングしなければならず、プログラミング工数/デバッグ工数がかかる

RFID通信ライブラリが解決します!

「データ読み出しFB/データ書き込みFB」により、RFIDユニットとの通信手順を一からプログラミングする必要がなくなり、プログラミング工数/デバック工数を大幅に短縮できます。

システム構成例

RFID通信ライブラリがプログラミング/デバック工数を削減できる理由

例:大容量データ読み出し

ユーザプログラム上で 3ステップ の処理を作成
データ読み出しの指令処理
分割データの蓄積、繰り返し転送のハンドシェイク処理
交信失敗時の異常処理
1ステップ で完了
読み出しエリアを用意してFBを実行するだけ

ライブラリをいますぐ入手
Sysmac Libraryダウンロードページへ

Machine Automation
I-Webメンバーに登録して役立つ資料を入手

資料オムロンFAストアでのお得なWeb特別価格での商品のご購入を含めた、便利なサービスをご利用いただけます。

i-Webメンバーズ

↑このマークがついた情報はI-Webメンバー限定です。
ご登録をお願いいたします。

ログイン 初めての方・新規登録