本文

統合プラットフォーム

  • Sysmac Library

EtherCAT G5シリーズライブラリ

マシンオートメーションコントローラ NJ/NXシリーズ、および産業用PC プラットフォーム NYシリーズ IPCマシンコントローラ用 EtherCAT G5シリーズライブラリ(形SYSMAC-XR004)のご紹介です。

段取替え時や保守運用時に、サーボドライバの設定/交換工数を削減したい

課題1
段取替え時のサーボドライバ設定変更に時間がかかり、稼働率が上がらない。
課題2
設定変更により動作が不安定になったので、初期状態や安定稼働時の状態に戻したいが、
過去バージョンのファイルを用いるため時間がかかる。
課題3
機器が故障したので交換したいが、パラメータの再設定にパソコンが必要。

EtherCAT G5シリーズライブラリが解決します!

「パラメータバックアップ ファンクションブロック/リストア ファンクションブロック」により、パソコンを使用せずにサーボドライバのノード単位で*、パラメータのバックアップ( 機器からの設定アップロード) /リストア( 機器への設定ダウンロード) を実現できます。サーボドライバの設定変更や復旧が簡単に行えます。
「絶対値エンコーダ初期化ファンクションブロック」により、ノード単位での絶対値エンコーダの初期化も可能です。

システム構成例

G5シリーズサーボドライバ

ノード毎に複数種類のパラメータをバックアップできるため、表示器からリストアすべきパラメータ種別を指定することで多品種の段取り替えも効率化。

G5シリーズサーボドライバ

①パラメータバックアップ

任意のノードのサーボドライバに対して、全パラメータを読み出してSDメモリカード内にバックアップファイルとして保存。

②パラメータリストア

SDメモリカード内のバックアップファイルに保存されたパラメータを、任意のノードのサーボドライバにリストア。

③絶対値エンコーダ初期化

任意のノードのサーボドライバに対して、絶対値エンコーダの初期化を実行。

*NJ/NXシリーズ CPUユニット・NYシリーズ IPC マシンコントローラのバックアップ/リストア機能により、全ノード一括でのパラメータのバックアップ/リストアが可能。さらに、本ライブラリを使用することで、ノード単位で可能となります。

段取り替え時のサーボドライバ設定変更例

From

設定ツール(Sysmac StudioまたはCX-Drive)を
オンライン接続・操作して、設定変更する必要あり。

設定ツール(Sysmac StudioまたはCX-Drive)をオンライン接続・操作して、設定変更する必要あり。 To

NS/NAシリーズなどの表示器の操作や、押しボタンの操作をトリガとして、
SDメモリカードへのバックアップ/リストア、絶対値エンコーダの初期化がすべて実行可能。*

*NSシリーズはNYシリーズと接続対象外です。

NS/NAシリーズなどの表示器の操作や、押しボタンの操作をトリガとして、SDメモリカードへのバックアップ/リストア、絶対値エンコーダの初期化がすべて実行可能。

ライブラリをいますぐ入手
Sysmac Libraryダウンロードページへ

Machine Automation
I-Webメンバーに登録して役立つ資料を入手

資料オムロンFAストアでのお得なWeb特別価格での商品のご購入を含めた、便利なサービスをご利用いただけます。

i-Webメンバーズ

↑このマークがついた情報はI-Webメンバー限定です。
ご登録をお願いいたします。

ログイン 初めての方・新規登録