本文

セーフティソリューション

  • 安全機器を知る
  •  

非常停止

非常停止スイッチとは、非常時に機械を停止させるためのスイッチです。

非常停止機能に関する規格:ISO 13850、IEC 60204-1

非常停止機能に最も関連する規格はISO 13850とIEC 60204-1です。

ISO 13850には、機能的側面と設計に関する原則が含まれています。IEC 60204-1は、機械の安全性-機械の電気機器に関するものです。

直接開路動作機構(Direct Opening Mechanism)

引きはがし完了は、接点部に加わる力10N(接点溶着力に相当)に対して、規定された操作力またはストロークを加えたとき、接点間には規定のインパルス耐電圧(IEC 60947-5-1)をクリヤーできる絶縁性能を有しています。

直接開路動作機構
要求事項
  • 電気的接点は直接開路動作機構を備えていること。
  • 一旦操作された場合、操作ボタンの位置は機械的保持機能により、手動で復帰させるまで保持され続けること。
  • 操作部は赤色、きのこ形、背後の地または周囲は黄色であること。
  • ワイヤをアクチュエータとして使用する場合は、次のことを考慮すること。
    1. 非常停止信号を発生させるまでのワイヤの変位量
    2. 最大変位量
    3. ワイヤと最短位置にある機械までの空間距離
    4. 操作に必要な力
    5. マーカーフラッグの使用など操作者が確認容易であること
    6. ワイヤが切断、脱落した場合自動的に非常停止信号が発生すること

代表的な非常停止機器には次のような形式があります。

  • 押ボタン操作スイッチ オムロン形式:A22NE-PD/A22NE-P, A22E, A165E
  • ロープ形操作スイッチ