本文

セーフティソリューション

  • 安全のヒント
  •  

51 安全方策と安全対策の違いについて

安全方策と安全対策の違いについて解説します。

方策とは、事前に計画を立て、あらかじめ方法を検討し、策を講じることです。

対策とは、何か起こった後に、対応するための方法を検討し、策を講じることです。

どちらも、策を講じるという意味においては同じですが、事故や問題が「起こってから」と「起こる前」では大きな違いがあります。

ISO 12100では“measures”と表記されていますが、JISでは“対策”ではなく“方策”と表記されています。