本文

セーフティソリューション

  • 安全のヒント
  •  

45 直接開路動作機構と強制ガイド機構の違い

直接開路動作機構とは、セーフティスイッチのNC接点の溶着時に、アクチュエータに働く力によって、接点を引きはがすスイッチの機構のことです。

強制ガイド機構とは、セーフティリレーの接点の溶着時に、NO接点とNC接点が同時にONとならないようにするリレーの機構のことです。一方の接点を監視することで、他方の接点が正常であるかどうかを診断することが可能です。ただし、直接開路動作機構のように、接点を引きはがすことはできません。

直接開路動作機構と強制ガイド機構の違い直接開路動作機構と強制ガイド機構の違い