本文

セーフティソリューション

  • 安全のヒント
  •  

08 非常停止と非常遮断の違いについて

JIS B9960-1では、非常停止、非常遮断の両方とも非常操作として規定されています。

どちらも人の一度の操作によって行われる(始動する)ものですが、補助的な保護方策であり、機械における危険源に関する抜本的なリスク低減手段ではありません。

一般的に、非常停止は押ボタン(非常停止押ボタン)による停止で、非常遮断はメインブレーカをOFFにする停止を指します。

非常停止:

危険になったプロセスまたは運動を停止させる非常操作です。
停止カテゴリ0または1の停止です。

非常遮断(非常スイッチングオフ):

感電または電気に起因するリスクを発生した設備の全体またはその一部に対し、電気エネルギーの供給を遮断する非常操作です。
停止カテゴリ0による停止です。

非常遮断は、SEMI規格で規定されているEmergency off(緊急遮断)とは意味が異なるため、混同しないよう、注意が必要です。