Page top

本文

導入事例 D社様

導入装置VT-S530
『良品の品質変動』を検知、警告している!

『良品基板』であるのに、検査機が『不良』と判定。

Q-up Naviによる分析により、特定の不良項目で、良否判定閾値との差を定量的数値で確認。

→実際は製造バラつきにより『不良』に近い状態であったことが判明。

対応策

製造バラつき=工程問題として捉え、検査基準を緩和・調整するのではなく・・・

・部品ずれ⇒マウント工程での見直しを指示

・はんだ過少⇒印刷工程、はんだ量の適正化を指示

部品ずれ

基板外観検査装置(AOI)、高速CT型X線自動検査装置(AXI)、寸法検査装置(AVI)
に関するご相談・ご質問はこちらから

オムロン株式会社 検査システム事業部
営業部

東 京
03-6718-3550
中 部
052-561-0156
西 部
06-6347-5840

受付時間 9:00~17:30(土日祝は休)

お気軽にご相談ください。