本文

セーフティソリューション

  • 安全のヒント
  •  

04 両手操作機器の国際規格の要件とは

両手操作機器は、ISO 13851で規定されております。押ボタンの配置で必要となる事項は以下になります。

  1. 片手による無効化防止
    両起動機器間は、水平距離で260mm以上(内寸法)離すこと。
  2. 同じ腕の手とひじによる無効化防止
    両起動機器間は、水平距離で550mm以上(内寸法)離すこと。
  3. 前腕またはひじによる無効化防止
    カバーまたは囲いの設置
  4. 片手および身体の他の部分による無効化防止
    片手と身体の他の部分(ひざ、腰など)による無効化防止のため、床面または操作レベルより1100mm以上の場所に起動装置を設置すること。

両手操作機器の取り付け位置については、安全距離を考慮する必要があります。機械を安全にするためには、両手操作機器に適したコントローラを使用することが必要です。

規格に適合したオムロンのコントローラは、以下のものがあります。

  • セーフティリレーユニット
    形G9SA-TH301
  • セーフティコントローラ
    形G9SP(専用ファンクションブロックを使用)
  • セーフティネットワークコントローラ
    形NE1A(専用ファンクションブロックを使用)