Page top

本文

ロータリエンコーダ 参考資料


ロータリーエンコーダは、回転の機械的変位量を電気信号に変換し、この信号を処理して位置、速度などを検出するセンサです。ここではロータリ-エンコーダの参考資料を示します。

関連情報


特性データの読み方
軸受の寿命コード延長特性
形E6B2-Cの場合
形E6B2-CWZ6Cの場合

測定例
電源電圧: DC5V
負荷抵抗: 1kΩ(出力残電圧は負荷電流35mAにて測定)
コード: 専用コード
・軸に加わる荷重と機械的寿命の関係を示します。
・回転状態の荷重の大きさが、軸受けの寿命に影響します。
・コード延長した場合の出力波形への影響を示します。
・コードを延長すると、出力波形の立上り時間が長くなり、
 出力 残留電圧が高くなります。
取りつけについて

ロータリエンコーダを直付けする場合は、A方向からネジ止めして取りつけます。
サーボマウントでフランジを使用する場合は、ロータリエンコーダにフランジを組み付け、B方向から取りつけます。

例形E6C2-C フランジ 形E69-FCA02の組み付け方


最終更新日:2020年03月23日