本文

検出困難なムラ欠陥を色成分の違いで検出

フィルムの塗工工程において、コーティング層のわずかな厚みの違いによって発生するムラ欠陥は、目視でも確認しにくい欠陥のひとつです。
従来のモノクロ検査では、ムラ欠陥はシート地合との濃淡差が小さいため、検出が困難でした。
マルチウェーブセンシングなら、ムラ欠陥を赤(R)、緑(G)、青(B)など複数の波形で見ると、色成分に違いがでるため、正確に検出することができます。

検出困難なムラ欠陥を色成分の違いで検出

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください。

オムロン シート検査装置/フィルム検査装置、
多波長検査に関するご相談・ご質問はこちらから

オムロン株式会社 検査システム事業部
営業部

03-6718-3551

受付時間 9:00~17:30(土日祝は休)