本文

従来見分けのつかなかったピンホールと透明ゲルの判別技術(特許出願中)

非常に品質要求が厳しい二次電池セパレータ。その事例を挙げると、従来のモノクロ検査では、致命的なピンホール欠陥と発生原因の異なる透明ゲル欠陥は、ともに明欠陥として検出可能ではあるものの、似通った検査画像となるため、判別が困難でした。そのため、微細ピンホールを検出しようとする余り、画像で区別がつかない類似欠陥まで検出してしまった結果、後工程で再検査が発生するなど生産効率の低下を招いていました。
こうした課題も、マルチウェーブセンシング技術を応用すれば解決できます。
ピンホール欠陥と透明ゲル欠陥は、複数波長で捉えると波形パターンが異なるため、判別が可能になります。

従来見分けのつかなかったピンホールと透明ゲルの判別技術

お気軽にご相談ください。

お気軽にご相談ください。

オムロン シート検査装置/フィルム検査装置、
多波長検査に関するご相談・ご質問はこちらから

オムロン株式会社 検査システム事業部
営業部

03-6718-3551

受付時間 9:00~17:30(土日祝は休)