Page top

本文

温度調節器(デジタル調節計) トラブルシューティング


温度調節器とは、センサ信号と目標値を比較し、その偏差に応じて演算を行いヒータなどを制御する装置です。センサ信号に温度以外の湿度・圧力・流量などを扱うことができる装置は調節計と呼び、電子式のものを特にデジタル調節計と呼びます。ここでは、温度調節器(デジタル調節計)のトラブルシューティングを説明します。

関連情報


故障かな?とおもったら、まずご確認ください

エラーコード表

第1表示異常内容処置
入力異常 *入力の誤配線、断線、短絡および入力種別を
確認してください。
メモリ異常まず、電源を入れ直してください。
表示内容が変わらない場合は修理が必要です。
正常になった場合はノイズの影響が考えられるので、
ノイズが発生していないか確認してください。
ADコンバータ
異常 *
内部回路に異常があります。
まず電源を入れ直してください。表示内容が変わらな
い場合は修理が必要です。正常になった場合はノイズ
の影響が考えられるので、ノイズが発生していないか
確認してください。
表示範囲
オーバー *
エラーではありませんが、制御可能範囲であっても
表示範囲を超えたときに表示されます。
・−1999(−199.9)より小さいとき

・9999(999.9)より大きいとき
ヒータ断異常
まず電源を入れ直してください。
表示内容がかわらない場合は修理が必要です。
正常になった場合はノイズの影響が考えられるので、
ノイズが発生していないか確認してください。

*表示が「現在値」または「現在値/目標値」、「現在値/操作量」の場合、エラー表示します。他の状態ではエラー表示しません。

[動作確認方法]

●熱電対での使用時

入力端子を短絡すると室温が表示されます。

●測温抵抗体での使用時

入力端子に抵抗を接続し、温度表示を確認します。
Pt(白金測温抵抗体)の場合100Ωで0℃、140Ωで約100℃が表示されます。

それでもおかしければ、現在温度の動きをみて現象を分けてください。
分類項目特徴的波形
A温度が上昇しない。
B温度が目標値を超えて上昇する。
Cオーバーシュート、アンダーシュートする。
ハンチングする。
D温度誤差が大きい。

[A]温度が上昇しない。

1.温調器の初期設定レベルを確認します。

●正動作の設定になっている → 逆動作にする。(加熱制御)

2.温度センサが正しく取りつけられていますか。

3.ヒータ、周辺機器への接続、動作を確認してください。

●ヒータの断線、劣化が発生している。

●出力量100% → ●ヒータの加熱容量は充分ですか。
         ●冷却系が働いていませんか。

●周辺機器の加熱防止用機器が作動している。
 → <対策>加熱防止温度設定を温調器の目標値より高く設定する。

4.SPランプ機能が働いているので制御開始時にヒータがなかなか温まらない。

[B]温度が目標値を超えて上昇する。

1.温調器の出力表示とヒータの動作が同じかを確認します。

●制御出力の配線が違う。

●制御出力リレーの動きと温調器の出力(LED表示)が違う。

2.温調器の出力とヒータ、周辺機器との接続条件を確認します。

●出力形態が違う。

●SSRの動作不良
 → <対策>漏れ電流での動作が考えられる場合は、ブリーダ抵抗をつけてください。

3.オーバーシュートの可能性があります。
 PID定数を確認してください。

[C]オーバーシュート、アンダーシュートまたはハンチングする。

1.制御方法は適切ですか。

●ON/OFF制御を選択している。
 → PまたはPID制御で一般的に押えられます。

●温度上昇、下降の速さに比べ制御周期が長い。

2.PID定数の値は適切ですか。

●デフォルト値で運転している
 (工場出荷時の値)

●PID定数の確認をしてください。

[D]温度誤差が大きい。

1.温度センサの入力種別が合っていますか?(温度センサの種別の設定)

2.温度センサのリード線と動力線を同一配管して引き回しているので
動力線からのノイズの影響を受けている。
  (一般的には表示値がふらつく)

<対策>別配線にする。または、引き回しを少なくする。

3.温調器と熱電対の間を銅線で接続している。

<対策>熱電対のリード線を直接接続するか、または熱電対に合った補償導線で接続する。

4.温度センサの測温場所が適切か確認をしてください。

5.入力補正値が設定されていませんか?

入力補正パラメータの値をご確認ください。

トラブル対応フロー(形E5□N-H/形E5□C)

制御出力しない

S.ERR(入力異常)表示が出る

警報出力しない

警報出力したままとなる


最終更新日:2021年08月02日