Page top

詳しくはicon_01共通の注意事項、およびご承諾事項をご覧ください。

警告表示の意味

3542_b_1 ●警告レベル
正しい取扱いをしなければ、この危険のために、軽傷・中程度の傷害を負ったり、万一の場合には
重傷や死亡に至る恐れがあります。また、同様に重大な物的損害を受ける恐れがあります。
安全上の要点 製品を安全に使用するために実施または回避すべきことを示します。
使用上の注意 製品が動作不能、誤動作、または性能・機能への悪影響を予防するために実施または回避すべき
ことを示します。

図記号の意味

3542_b_2 ●一般的な禁止
特定しない一般的な禁止の通告
3542_b_3 ●破裂注意
特定の条件において、破裂の可能性を注意する通告
3542_b_4 ●発火注意
特定の条件において、発火の可能性を注意する通告

E3Z-□-IL□ ご使用の前に 4
E3Z-□-IL□ ご使用の前に 5

安全を確保する目的で直接的または間接的に人体を検出する用途に本製品は使用できません。人体保護用の検出装置として本製品を使用しないでください。

E3Z-□-IL□ ご使用の前に 6

最大電源電圧はDC30Vです。
通電までに電源電圧が最大電源電圧以下であることを確認してください。

E3Z-□-IL□ ご使用の前に 7

破裂の恐れがあります。
AC電源では絶対に使用しないでください。

E3Z-□-IL□ ご使用の前に 8

故障や発火の恐れがあります。
定格電圧を超えて使用しないでください。

E3Z-□-IL□ ご使用の前に 9

負荷は定格以下でご使用ください。

安全上の要点

以下に示すような項目は、安全を確保する上で必要な項目ですので必ず守ってください。

(1)引火性、爆発性ガスの環境では使用しないでください。

(2)この製品は、分解したり、修理、改造をしないでください。

使用上の注意

(1)下記の設置場所では使用しないでください。
   ①直射日光があたる場所
   ②湿度が高く、結露する恐れがある場所
   ③本体に直接、振動や衝撃が伝わる場所

(2)接続、取り付けについて
   ①電力線、動力線と光電センサの配線が同一配管または同一ダクトで行われると誘導を受け、誤動作あるいは破損の原因となる場合もありますので、別配線またはシールドコードの使用を原則としてください。
   ②標準I/Oモードでのコードの延長は100m以下にしてください。
    IO-Linkモードで使用される場合は20m以下としてください。
   ③コード部に加わる力は下記の値以下としてください。
    引っ張り80N以下、トルク0.1N・m以下、押圧20N以下、屈曲3kg以下    M8メタルコネクタについて
   ④固定具は必ず手で締めてください。プライヤなどを使用されますと破損の原因になります。

(3)清掃について
   清掃時に有機溶剤類(シンナー、アルコールなど)の使用は光学特性や保護構造を劣化させますので使用しないでください。

(4)電源について
   市販のスイッチングレギュレータをご使用の際はFG(フレーム・グランド端子)を接地してお使いください。

(5)電源リセット時間について
   電源を入れてから光電センサが検出可能になる時間100msですので、電源投入後100ms以降にてご使用ください。負荷と光電センサが別電源に接続されている場合は必ず光電センサの電源を先に投入してください。

(6)電源のOFFについて
   電源OFF時に出力パルスが発生する場合がありますので負荷あるいは負荷ラインの電源を先にOFFされることをお勧めします。

(7)耐水性について
   IP67ですが、水中、降雨中、および屋外での使用は避けてください。

(8)産業廃棄物として処理してください。